おじいちゃん・おばあちゃんへのプレゼント

帰省費用が掛かりすぎる子持ち家庭はまごチャンネルで節約が吉!?

WRITER
 
帰省費用が掛かりすぎる子持ち家庭はまごチャンネルで節約が吉!?
この記事を書いている人 - WRITER -

帰省費用が掛かりすぎる?子持ち家庭は帰省回数を減らさないとキツイ。

トメ

帰省費用が10万円以上掛かって、「毎年帰るのは厳しい」という方は結構多いのではないでしょうか?

地方から上京してる人の場合、帰省費用は簡単に10万円を超えてしまいます。

そんな状況で毎年帰省していては家計がかなり厳しいという状況に追い込まれるのは間違いありません。

  • 帰省はしないといけない
  • でも、家計的にかなり苦しい

そんな人は一体どうすればいいのでしょうか?

キーワードは「まごチャンネルを使って、帰省回数を減らしてみる?」です。

帰省費用は家族で10万円越えだとやってられない!

帰省費用が家族で10万円を超えてくるようになると、正直やってられませんよね?

  • 1年に1回帰省するとして・・・
  • 1年に1回10万円の支出×両方の実家に行く
  • 1年で20万円近くの帰省費用になりかねない

それだけの帰省費用を毎年負担するのはかなり大変です。

下手な社会保険料や税金よりもかなり高くなってしまうので、毎年行くのは正直難しいと言わざるを得ません。

帰省のお金はバカにならない。お盆や正月の帰省はかなりお金が掛かるわ。 

トメ

両方の実家に行くと・・・

両方の実家に行くと20万円ほどのお金が掛かってしまう可能性があります。

これだけの費用が掛かってしまうと、正直毎年の帰省はやってられません。

  • 1年に1回実家に帰れない
  • 両方の実家が遠距離だと交互に行くことになる
  • 正月とお盆交互に帰省するとお金的にやばい

このように家計はどんどん追い込まれていきます。

家計が大変だと帰省できない。おじいちゃん・おばあちゃんとしては辛いわねぇ。

トメ

九州と京都で自分は東京の辛さ

九州(宮崎)と京都の実家で、自分は東京。

この状況の辛さはなんとも言い難いのが正直なところです。

  • 飛行機代:1人2万円〜5万円(時期・早割使用するかによる)
  • 京都への新幹線代:1人往復2万5000円前後
  • お盆だとさらにお金がやばい

家族で10万円は超えてくるような金額です。

このように帰省費用で悩んでいる家庭は多いのではないでしょうか?

新幹線や飛行機を使わないと帰れない帰省は費用的にかなり辛いものがあります。

帰省は辛いけど、孫の顔は見たい。何かいい案はないのかしら?

トメ

帰省費用はプレゼント+孫の顔でごまかす!?

帰省に10万円以上掛かってしまうと、どうしても毎年帰るのは辛くなってきます。

飛行機を使う場合だと、20万円を超える場合もあり、双方の実家に2年に1回ずつなんてことになりかねません。

「オリンピックと一緒じゃない怒」

という愚痴も実家側から聞こえてきそうです(帰省する側は頑張っているのに・・・)

そんな時には孫の姿をかなり高い頻度で送れるプレゼントでなんとかするのも1つの方法です。

テレビ画面で孫の動画や写真を楽しめる「まごチャンネル」

孫の成長の様子をスマホで写真や動画におさめて、それを実家に送るサービスが今はあります。

まごチャンネルではテレビ画面で、写真や動画を見ることができ、孫の様子を逐一実家に送れるメリットがあり

【まごチャンネルの特徴】

  • テレビの大画面で、孫の写真や動画を見れる
  • 1歳の誕生日・日々の生活・七五三などイベントごとに写真などを送れる
  • 頻度高く送ることで、実家に満足してもらえる
  • テレビに接続するだけで見れるので、スマホなどの電子機器に弱い高齢者向き
  • 実家とのコミュニケーションが円滑になる

このようなメリットがあります。

実際に口コミなども見たところ、なかなか帰省できない人がプレゼントとして送っているケースがかなり多いようでした。

口コミに関しては参考記事もありますので、そちらも参考にしてみてください。

孫の様子が頻度高く送られてくるなら、ありがたいわね。嬉しいわ。

トメ

まごチャンネルプレゼントするから、帰省は数年我慢してもらおう(費用辛いし)

帰省費用が10万円や20万円になってくると、毎年のように帰省するのは難しくなってきます。

なので、プレゼントとしてまごチャンネルを送り、帰省する代わりに動画や写真の頻度を多くするのも1つの方法です。

これで、実家の許しが出るかはわかりませんが、帰省よりも費用を落とすことができますし、孫の様子を見せることもできます。

  • 帰省費用が掛かるので、帰省の頻度は減らしたい
  • けど、孫の顔を見せないのは申し訳ない

そんな人向けのサービスです。

帰省が辛い人はこれでなんとかするのもアリかもね。実際に会えないのは寂しいけど、現実問題厳しいもんね。

トメ

頻度高く送れば、なんとかなるかも?

帰省しないと怒られそうですが、写真や動画を送る頻度を上げれば、許してもらえるかもしれません。

  • 毎月のように写真を送る
  • 毎日写真を撮っておく
  • これを交渉材料に帰省の頻度を少なくする

まごチャンネルもタダではありませんが、帰省にお金が掛かる人にとっては費用を抑えられるサービス。

写真や動画の送信も、スマホアプリから簡単にできるので、手間は掛かりません。

実家へ孫の写真をどんどん送る代わりに、帰省の回数を減らしてみるのもありではないでしょうか?

プレゼントとして、これを送って、帰省の回数を減らすという作戦もあり。費用負担が少し減る。

トメ

テレビだけで設置可能

まごチャンネルはテレビがあれば見ることができ、他に必要なものはありません。

  • テレビとコンセントに接続
  • テレビリモコンでチャンネルを合わせる

この2つだけで見ることができますので、かなり簡単です。

使い方に関しては別記事でも詳しく書いてますし、公式サイトでも説明があるので、ぜひ見てみてください。

高齢者向けに作られているから、操作性ははかなり簡単!テレビに接続するだけだから、高齢でも扱えるのが魅力だわね。

トメ

まとめ:帰省費用が掛かりすぎる人は検討してみたいこと

帰省費用が掛かりすぎる場合は費用を少し減らす必要があります。

そのためには帰省の回数を少し減らさないといけません。

  • 帰省回数を減らしたい
  • ただ、孫の姿を見せられないのはよくない
  • 代替案として、まごチャンネル

などというように、帰省回数は減らすけど、その分のプレゼントを送るというのが一つの方法です。

帰省費用で悩んでる方は検討してみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まごチャンネルの口コミと本音 , 2019 All Rights Reserved.