おじいちゃん・おばあちゃんへのプレゼント

実家への帰省が面倒な人はまごチャンネルで回避してみるのも手

WRITER
 
実家への帰省が面倒な人はまごチャンネルで回避してみるのも手
この記事を書いている人 - WRITER -

あんまり言いたくないけど、帰省が面倒だって?あら、そんな時はどうしたらいいのでしょう?

トメ

実家への帰省が面倒。

「子どもがいるから帰省をしなくちゃいけないんだけど、子どもを連れて移動するんは面倒だし・・・」

なんて思ってしまう人もいるのではないでしょうか?

そんな時は実家の帰省が面倒だと思っている人が考えておきたいことについて今回はまとめました。

実家への帰省は面倒で辛いと思ってませんか?

実家への帰省はしないといけないんだけど、面倒で辛い・・・

思ってはいけないことなんですが、そんなことをふと思ってしまいますよね。

  • わざわざ実家に帰るのは疲れる
  • お金的にも辛い
  • 義両親の家に行く時は精神的にも疲れる

こういうことを考えてしまうと実家への帰省がどうしても面倒になってしまいます。

帰省が面倒になるのは少し悲しいわね。でも、忙しいとそういう気持ちにもなるわ。

トメ

実家への帰省が面倒だと思いながら帰省するデメリット

実家への帰省が面倒だと思いながら帰省するのはデメリットがあります。

「もしかしたら帰省しない方がよかったのかも・・・」なんてことになりかねません。

人間関係の悪化

もともとの関係性があまりよくない場合、面倒だと思いながら帰るとさらなる人間関係の悪化を招く時があります。

  • ふとした瞬間に素っ気ない対応をしてしまう
  • 人間関係が悪くなっていく
  • イライラがどうしても収まらない

こういったことが積み重なっていくと、帰省先で人間関係が悪化してしまうかもしれません。

せっかく帰省に行ったのに人間関係が悪化してしまうのは本末転倒です。

帰省したのに人間関係が悪化してしまうのはよくないわね。

トメ

帰省後に揉める

帰省が終わったのはいいものの、イライラした状態で帰省すると帰省が終わった後に揉める可能性もあります。

【帰省後の揉める】

  • 帰省する時にめんどくさいことがあって、帰省後に家族に怒る
  • 帰省した時の家族の態度が気に入らない
  • お金がなくなって、生活が大変になった。
  • 行かなければよかったと愚痴る

帰省した後にこのような形でも揉めるケースも少なくありません。

帰省後に揉めてしまってはさすがによくないですし、その後にいい感情も残らずいいことなし。

これなら本当に帰省しない方が良かったんじゃないかと思ってしまうほどです。

帰省した後に帰省しなければよかったなんていうのは最悪。帰省に行くデメリットの1つだわ。

トメ

お金の面で苦しくなる

お盆と正月に帰省に行くことが多いと思いますが、毎回の帰省で生活が苦しくなることもあります。

  • 帰省1回で10万円以上お金が掛かる
  • 生活が苦しいのに、帰省でさらに苦しくなる
  • 正直、帰省の回数を減らしたい

新幹線や飛行機を使う場合だと1回の帰省で、10万円以上使うことも珍しくありません。

その帰省を1年に1回〜半年に1回ペースで繰り返していると、お金の面でかなり苦しくなってしまいます。

お金が苦しい場合は帰省の回数を減らすという選択肢もありなのかもしれません。

お金がない中で帰省するのは大変だわね。生活ができなくなったら、本末転倒だわ。

トメ

実家への帰省が面倒なら、一度回避するのも手段のうち

実家への帰省が面倒なら、一度回避するのも手段のうちです。

【帰省の回数を変えるのも手段】

  • 1年に1回の帰省を2年に1回にする
  • お盆と正月に行ってた帰省をどちらか1つにする

長い休みのたびに帰省するのが面倒だという場合は帰省回数を減らすことを提案したほうがいいかもしれません。

無理をすると体調を崩したり家族との関係が悪化したりして、より悪い方向に進む可能性もあります。

無理な帰省はやめた方がいいかもね。でも、それを認めてくれるかしら?

トメ

プレゼントで済ます

帰省には行かない代わりにプレゼントで済ますということも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

帰省に行きたくないということを伝えるのはなかなか勇気がいることですが、無理をして生活が悪化することもあり得ます。

ただ、帰省したくないと言うだけではわがままになるので、プレゼントを贈るなど帰省できない代わりに何かをするというのも1つの方法です。

【帰省の代わりにプレゼントの例】

  • お酒やお菓子などのプレゼントを贈る
  • お孫さんの写真や家族写真を実家に送信できるまごチャンネルのようなアイテムを贈る

お子さんがいる場合、親に顔を見せないといけないところもあるので、写真や動画を送るのも1つの方法かもしれません。

敬老の日や誕生日など普段から何かを贈っていれば、帰省が回避しやすくなる可能性がありますし、日頃からプレゼントを考えておくのも1つです。

日頃からプレゼントを贈るのも1つの方法ね!帰省がないのは寂しいけど、プレゼントがあるのは嬉しいわ。 

トメ

まとめ:実家への帰省が面倒な人はまごチャンネルで回避するのも手

実家への帰省が面倒になってしまうこともあります。

そんな人は帰省を回避して、プレゼントなどを贈るという方法を一度やってみるのもいいかもしれません。

【帰省の回数を減らすメリット】

  • 帰省が面倒だから、1回行くのをやめたい→来年は行ってもいい気分になってるかもしれない
  • お金的にしんどい→帰省の回数を減らすだけで、だいぶお金的には変わってくる

帰省の回数を減らすことによって、精神的に楽になる可能性もありますので、一度帰省について深く考え直してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まごチャンネルの口コミと本音 , 2019 All Rights Reserved.