おじいちゃん・おばあちゃんへのプレゼント

帰省嫌だっていう子持ちはまごチャンネルで帰省回避してみない?

WRITER
 
帰省嫌だっていう子持ちはまごチャンネルで帰省回避してみない?
この記事を書いている人 - WRITER -

「帰省が嫌だという気持ちがどうしても消えない・・・・・・・・・・・」

帰省しないといけないことはわかっていても、それが嫌だと思ってしまうことはありますよね?

実際に帰省するのはしんどいです。

  • 帰省は毎回本当に嫌だ。
  • でも、孫の顔を見せないわけにもいかないし・・・

そんな時にはどう対処すればいいのでしょうか?

帰省がどうしても嫌だという方の帰省回避手段を今回は考えていきます。

帰省は嫌だ!!!ってなってませんか?

毎年帰省には行ってるけど、帰省は嫌だと思っていませんか?

  • 帰省にはお金が掛かりすぎるから嫌だ!
  • 人間関係がめんどくさいから、帰省は嫌だ!
  • ただ単に疲れるだけから嫌だ!

こんな風に帰省にはいかないといけないことはわかっていながらも、帰省は嫌だと思ってしまうことは少なくありませんよね!

実際に「帰省 嫌だ」で検索してみると・・・

こんな感じのサイトがズラリと並んでいて、帰省が嫌だと思っている人がかなりいることがわかります。

帰省が嫌な理由はたくさんあるわね。こんなにもサイトがたくさんあるなんて知らなかったわ。

トメ

でも、帰省はしなきゃいけないというジレンマ

子持ちの人の場合は帰省しなくてはいけないという思いがより強くなってきますよね?

  • 孫の顔を見せないと何か言われそう
  • 帰省は嫌だけど、仕方なく行かざるを得ない
  • 帰省に半日掛かって、お金も掛かるけど・・・

こんな複雑な気持ちが芽生えてくるのではないでしょうか?

子どもがいると帰省は嫌だとは行っても、行かなくてはいけない事情が出てきます。

このような状況の時には一体どうすればいいのでしょうか?

やっぱり孫の顔は見たいわ。なんとか来てくれないかしら。

トメ

「帰省が嫌だ!」っていう時の対処策:強引にでも行かない

1つ目の対処法はお金などを理由にして、強引にでも行かないということです。

後味が悪い方法になるかもしれませんが、帰省が本気で嫌だと思っている人にとってはこれ以上の対処法はありません。

  • お金がないから行けない
  • 仕事上の都合などで行けない

などの理由をつけることになりますが、家族の了解を得ることやおじいちゃん・おばあちゃん家庭との火種となる可能性も秘めています。

この手法を使うのは最終手段にしておくのがいいでしょう。

さすがにずっと来ないのはキツイわ。後々大変そうだし、最終手段になりそうね。

トメ

「帰省が嫌だ!」っていう時の対処策:嫌々行く

帰省が嫌だという場合でも、嫌々行くのが選択肢としてありますが、これはこれで欠点があります。

あまり問題が起こらなそうな解決策ではありますが、無理をしすぎるのはあまりよくありません。

  • 帰省疲れによって、家庭内での揉め事が増える
  • 家計がだいぶ苦しくなって、生活がしんどい

帰省に行くのは大事ではありますが、あまり無理をしすぎるのもよくありません。

帰省は大事だけど、家庭内の問題が大きくなったら、それはそれで大変だわね。どうしようかしら?

トメ

「帰省が嫌だ!」っていう時の対処策:孫の姿を見せれるプレゼントだけ送る

今は孫の姿を実家に送れるものも増えています。

スマホで送るのもいいですが、それだと高齢者の方は画面を見るのがしんどかったり、スマホの操作が難しかったりと困難が多いです。

今は孫の写真や動画をテレビで観れるまごチャンネルのようなサービスも登場していて、毎日のように孫の写真をプレゼントすることができます。

  • 毎日・毎月孫の様子を写真や動画で送信する
  • 孫の姿がリアルタイムで見れるので、おじいちゃん・おばあちゃんの楽しみが増える
  • 動画や写真を送っている分、帰省回数を減らす

このような交渉も可能になります。

帰省に行かない代わりに、このような孫の顔が気軽に見れる・送れるようなサービスを利用するのもありかもしれません。

【参考】

スマホが見づらくなっている高齢者の方にはテレビで写真・動画が見れるまごチャンネルのようなサービスもあるわ。

トメ

お金で解決するのも1つの手段

これらのサービスはお金が掛かりますが、間違いなく帰省するよりはお金が掛かりません。

  • 帰省は本当に嫌だから、帰省回数を減らしたい!
  • でも、ただ帰省の回数を減らすのは嫌だ!
  • 孫の姿を見せられるプレゼントを送って、なんとか帰省の回数を減らす

半年に1回行っていた帰省を1年に1回、1年に1回行っていた帰省を2年に1回にするだけでも、だいぶ負担は変わってきます。

帰省が嫌だという気持ちを優先して、帰省をやめる代わりにプレゼントで代用するのは方法の1つだと言えるのではないでしょうか?

孫の姿は見せたいけど、帰省は嫌だ。その問題は意外と大きな問題だから、解決するにはお金を掛けてもOK。逆に、お金で解決するなら、それも全然ありだわね。

トメ

1回帰省を回避したら感情が変わっているかも?

人間はいろんなことが習慣化されていることが多いです。

普段の日常でも習慣化されていることが多く、それが癖になってしまっているケースもあります。

帰省に関しても、

  • 1年に1回帰省することが習慣化している
  • 両方の実家に交互に変えることが習慣化している

などのように習慣化している可能性があり、習慣化は人間を飽きさせてしまいます。

「また、今年も帰省か・・・」

という風に思ってしまうので、一度帰省をやめて習慣を外してみましょう!

習慣を変えると感情が変わる

普段帰省してた時期に帰省しなくなると、新たな感情が芽生えてくる可能性はあります。

  • 今年は帰省に行かなかったから、家族で好きなところに行けた!
  • 孫の姿が観れるプレゼントも送ったし、なんとかなってる
  • さすがに2年連続で帰省しないのはあれだから、来年は帰省しようかな!

こういった感じで、感情が変化する可能性があるので、習慣になっている帰省を一度やめてみるのはアリです。

意外と感情は変わる可能性はありますよ!(もちろん感情が変わらない可能性もありますが、試してみることが大切です)

習慣を変えてみることは意外と大切だかもね。日常を変えるだけで、感情が変わる可能性もあるわ。

トメ

まとめ:帰省は嫌だ!っていう子持ちの方はいろんな選択肢を検討しよう!

帰省は嫌だと思っているなら、その気持ちは案外大事にした方がいいです。

年に1回・2回だからといって、その気持ちを我慢していると将来的に大問題に発展してしまう可能性があります。

  • 帰省は嫌だ
  • でも、孫の顔をある程度は見せたい

ここを上手く調整して、いい妥協案を考え出していきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まごチャンネルの口コミと本音 , 2019 All Rights Reserved.